FC2ブログ

昔の話:M美①

2015.10.31.Sat.06:00
先に記載しているT子のとの事の最初に出てきた、体験調教のM美のことを追加で書いています。

M美は自虐系のM女です。
体験調教の志願があり、1・2度メールのやり取りをしたら、写真を見てほしいと全裸にパイパンで見える範囲には埋め尽くされるほど、マジックでおめこマークや、変態です、チンポの絵、矢印で入れてください等の文字をいっぱい書いてありました。

そしてオッパイより少し上に、「M美を調教してください」と書いてあります。
当然、自分で書くのですから、綺麗な文字とは言えませんが、よく頑張って書いたな(書きなれている)と思うほどよくかけています。

この写真を送ってきたので、私も答えるべく、体験であることを受け入れました。

体験調教の日
待ち合わせは、M美の指定でファミレスです。
時間通りに入店すると既にM美は待っていました。
普通の体系より少しふくよかですが、おデブさんではありません。

一通りの挨拶をして、そしてヒアリングをします。
※M女(経験なしの志願者含む)との最初は、必ずヒアリングをします。

色々聞いて確認します。
できる事/出来なこと/やったことがあるもの/やりたい事、そしてチャレンジプレイ

時間をかけてたくさん話します。

M美はこれまで誰ともプレイをしたことがなく、初めての志願とのこと

いつも自分で自虐的にプレイしており、オナニーにも似たプレイをしたいたらしい
つまり相手がいたわけではないが、セルフで緊縛もやり、アナル開発も完了しており、誰の指示もなく露出もする、出来上がっているM女らしい

そこで、もっと上の快楽が得られるのではないかと私に体験調教を志願してきたのです。

食事も併せて既に2時間ほど経っており、M美の同意もあり、そのままホテルへ向かうことにしました。

ファミレスを出るころには辺りも暗くなっておりました。

ホテルに向かう途中、車の中でも色々話をしていると、M美はスカートの上からオマンコに指を這わせていました。
「何で?どうしたの?」と聞くと
「すみません、手が勝手に動くのです。」させてください。
「そうですか、すればいい」と言うと、M美はスカートをまくりあげ、オナニーを始めてしまいました。

移動時間は20分ほどだったでしょうか。
M美はオナニーを初めて7・8分で「ぅっふん、あぁーっ」と小さく声を出しながら逝ってしまいました。

「オナニーはすればいいと言ったけど、逝っていいとは言ってない、ダメ!」
「すみません、ごめんなさい、人前で逝きたかったし、さっきのファミレスでの話で興奮していました」

「ダメだな!ホテルに入ったら、すぐにお仕置きをします。いいね!」
「ごめんなさい」

そんな話をしていると、ホテルに到着、部屋に入ります。

「脱ぎなさい、全裸になりなさい」
「はい、わかりました、でもお風呂に入りたいのですがいいですか?」
「ダメです、オマンコを汚したのは自分です、汗をかいたのもオナニーするから悪いのです、そのまま汚いM美を見せなさい」

ショーツを脱ぎ、ブラを取るとまたビックリです。
乳首の周りにマジックでオマンコマークを書いてあります。

「おいおい!何で書いてあるの?」
「私が変態であることを解って欲しいからです。それに書くことで興奮します」

風呂に入りたいと言ったのはこれも消すつもりだったようです。
Mというより変態の域にいるM美です。
浣腸1

この続きは、次回。

調教志願はここから
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する