FC2ブログ

昔の話:M美の続き③

2015.11.03.Tue.06:00
漏れそうなっているようですが、我慢させます。
アナルストッパーを挿してお尻を締めさせて我慢させます。
浣腸液はグリセリンが主原料なので、シャワー浣腸とは違い痛みが徐々に出てきています。

我慢をさせていると、T子からの電話が入りました。
我慢をさせている最中なので、M美に許可も取らず(必要もないのですが・・)電話に出ます。

電話で話している最中M美は「う~ん、ぅ~ん」とうなり始めます。
今のM美の状況を伝え電話を切ろうとしましたが、T子が脱糞音を望んだために今度はM美の許可を取りました。
軽く説明をして「M美、聞かせてもいいか?」
「ハイ、こんなので良ければ」と答えます。

最初は、固形の便が大量に出るのは当然で、部屋に飛び散ると大変なことになりますので1回目のみトイレに行きます。
狭い中で緊縛されたまま、アナルストッパーを押え移動します。

そして、「出してもいいですか?」とM美
「出しなさい」と伝えると、アナルストッパーを自ら抜き、最初はシュルチュルと液が・・・次第に大爆音とともに固形の便と、ガスが放出されます。
小さいトイレです、臭いと音で充満します。
「臭いですね。汚いですね、こんなのを見せて・・・変態ですね」と言ってあげます。

前かがみのまま、M美は泣いていました。
電話の向こうにいるT子も鼻をススリ泣いているのが判ります。

M美の1回目が出きったようなので、T子にはまた電話すると伝え切りました。

M美に「お尻は拭かなくていい、そのままお風呂に行きましょう」
トイレは流して、5歩も歩けば移動できるお風呂に移動します。

M美が移動している間に、追加で入れる浣腸を持ってきます。

シャワーの蓮を取って、ホース状態にし、温度設定を人肌より少し熱いと感じる程度にして待機します。

イチジク浣腸をまた5本入れます。
まだ入りますが、3回目に備えてシャワー浣腸で追加します。

チョロチョロと出るお湯の出る先をアナルに押し付けます。

腸は敏感になっており、すぐに痛みとお腹が張る感覚が襲ってきます。
後背位でお尻を高く突き上げた状態です。

またアナルストッパーで止めますというか、もう手で押さえないと止められない状況です。
M美自身に抑えさせます。

しばらく待って「もうだめです、出ます」といった瞬間に、アナルストッパーも抜く間もなく、噴水のように浣腸が飛び出ます。

まだ固形の便は同時に飛び出ますが、コロコロとした小さいものです気にしません。

出し切ったら、そのままの格好にまたシャワーを注入してあげます。

3回目完了、ほとんど固形物も出ず、綺麗な液だけを噴射します。
M美は泣いています、でも嫌がりません。
「初めて人前で浣腸しました、恥ずかしいのと嬉しいのと入れ混じり、涙がでます」
「そういう変態M美は綺麗ですよ」と言ってあげます。
余計涙があふれているようです。

部屋に戻りしばらくたたせます、残ったお湯や浣腸液が流れ出ます
でなくなったら、これでアナルセックスの準備完了です。
浣腸3

この続きは、いづれまた。。。。。
調教志願はここから
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する