FC2ブログ

T子のとの事(回想:移動中)

2015.11.17.Tue.06:00
到着した空港で軽く露出(前記)をさせ、フェラさせ、T子には羞恥以外は何も与えていませんでした。
私 : 食事を先にしましょうか?
T子: 食事よりしたいです、ホテルにルームサービスありますし

私 : 解りました移動しましょう
T子: 車を持ってきてますので、車で移動しましょう。ホテルも予約してあります。
私 : わかりました。

空港の駐車場においてある車に乗り、市内へ移動します、もちろんT子の運転です。

事前準備!
駐車場内でT子にブラジャーを取りなさいと指示します。
T子は「はい」と躊躇もなくブラを取ります。ブラをバックに入れて出発します。
(と言う事は露出なのか、吸われるのか、いじられるのかはT子も理解しています)

空港を出て、最初の信号で命令です。
オッパイを出しなさい、[ほらきた~!]と言わんばかりに素直に胸の露出するT子です。

乳首をクリクリとしてあげます。
青信号になって車が走り出してもかまわずやってあげます。
しっかり前を見ていますが、吐息は漏れます。

私 : 気持ちいですか?
T子: すごく気落ちいいです、感じてもいいのでしょうか。
私 : そうですか、良かったね。。。
そもそも少し大きめの乳首は勃起しています。でも感じさせてはだめです。そんなのは誰でもできる事です。

勃起した乳首が確認できたら、目的のプレイです。
人差し指と、親指でしっかり乳首を摘まみます、というか握るが正解です。
その上で、思いっきりT子の顔に向けて引っ張りあげます。
「ゥギャー!」と悲鳴とも思えるような声を出すT子がいます。

引っ張ったまま、元に戻してはあげません。
私 : ちゃんと運転してください、事故ったらもともこもありません
T子: 大丈夫です、頑張ります。
でも、顔は歪み、女性としてのきちんとした顔を維持できません。

ゆるめてあげます。そしてすぐにまた引っ張りあげます。
「ゥギャー!」

私 : 早く着かないと、乳首ちぎれるかもしれませんね。
T子: あなた様にちぎられるのであれば、問題ありませんもっとください。
私 : 素敵です。
そお言いながら、もう一つの乳首に手を変えて、同じようにひっぱりあげます。
でも、運転中であることから少し遠く腕を伸ばしており力が十分に入りませんが男の力ですので、それなりの力を入れます。
「ゥギャー!」T子の喜びの悲鳴が社内に響きます。

T子: すみません、運転できなくなりました。一旦止めますので、もっとしてもらっていいですか?
私 : ダメです、止めてするくらいなら、しません。
T子: 申し訳ありません。
私は手を休め、自分のバックから、事前に買っていたコンパクト裁縫セットから、マチ針を2本出します。

信号で止まった瞬間に、乳首をムギュと摘まみなおします。
そして乳首正面から、マチ針を真ん中に突き刺します、容赦はありません。
「ゥギャー!ゥギャー!」
ほんの数十秒の赤信号の間に行います。

片方に1cmほど入ったところで青信号です。
私 : ほら青信号ですよ
T子: はっはい
スタートしたら次の信号で止まるまで、刺さっているマチ針をツンツンとはじいてあげます。
「ゥギャー!」×3
おそらくその時のT子の体と精神状態はまともなものではなかったと思います。
また信号で止まりました、T子は自らおかわりのために私に体をひねり、もう一つの乳首を差し出します。
私 : そうです、良くわかってますね。
T子: お願いします。
もちろん先ほどと同じように、摘まみ刺してあげます。

裁縫用の針は、注射針とは違い、尖っていますが、鋭角なものではありませんので、人間の乳首にはさしづらいですし、入りにくいものです。
容赦はないので、そんなことは関係なくさしてあげます。
「ゥギャー!」×4

また青信号になりました。

もし、2車線で隣に車が走っていて、見られたら露出しているものとみられるでしょう、でもT子には露出など関係なく、痛みという喜びで気が遠くなりそうだったと思います。

この間、おそらくなんやらかんやらで30分は走っていたと思います。

ホテルにつきました。

駐車場に止めたら、テッシュを準備して針を抜いてあげます。
乳首に針①

抜くと少しですが出血は当然です、テッシュで止めてあげます。2・3分もすると出血は止まりますので、止まったのを確認してホテルに入ります。

この後が、楽しみです。

またこの続きは、いずれ・・・・・


調教志願はここから
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する