FC2ブログ

Yの体験調教③

2016.01.09.Sat.10:22
Y が戻ってくる間に私は、緊縛の準備をしました。
ラブホテルなのは間違いなのですが、吊りができるようなSMホテルではないので、窓からの日差しを遮るための、ドアのような扉があります、そこに専用で準備したベルトを挟み込み簡易吊りが可能になります。

Y を全身吊ることはできませんが、両手・片足くらいなら可能です。

少し、緊張している表情の Y に縄を打ちます。

私の好きなように縛り上げました。
おっぱいはさほど大きいわけではないので、強調することよりも、この後することを考えて縛ります。

縛り完了!
爪先立ちになるように吊し、同時に片足を吊っています。
つりした

「さて、次はどうするかな?」と声をかけて、出したのが、【マチ針】です。

針を見た Y はどうなるのかはすぐに理解したようです。

でも、でも、でも、どこに、どうするのかは、理解していないようです。


まずは1本マチバリを消毒します。

私から見て、右の乳首にさしてあげます。
怖くて声も出せないのか。。。。。
「うっ」というくらいで、声も出しません。

当然、右の乳首なら、おかわりは左の乳首、、、、、、

刺してあげます。
変わりません。

ただ、さす時に伝わる、グスッグスッという感覚は私を興奮状態に導きます。
はり

そして、外陰唇へもね!

ただ刺すだけではなく、貫通させてあげます。

その時、しっかり確認できたのは Y は濡れています。

Mであることに確信が持てました。

この後 Y の乳房に10本ほどのマチ針を刺して、鑑賞しました。

美しい、裸体です。

Y の顔は、苦痛にゆがんでいました。


調教志願はここから
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する