FC2ブログ

【みなぎ】勉強する

2017.02.06.Mon.00:00
親指の爪に舌を這わす、それからは、ビデオを見て勉強したのだろう、指の間に舌を入れて、唾液たっぷりに綺麗に掃除をするように、舌を這わせる、親指を口に含み、その上で下を使いながら、指を愛おしく舐め吸う、すべての指を同じように舐め、吸うとそのまま脛を舐め膝を舐め、内腿へ舌を這わし時々キスをする。

「本当にビデオだけで勉強したのか?ビデオだけ?」

「本当です、でも時々、椅子とか机とかを使ってマネしたいました」

「粗削りだが、凄くうまいぞ」

「ありがとうございます。うれしいです」

本当に喜んでいるのかどうかだが、辛そうな顔には見えない。
そしてみなぎの頭は私の股間に最終的な移動をして、フェラを始めた。
舌遣いがいまいちだが、みなぎ自身も欲情しているようで、

「喉の奥まで飲み込むときに、舌を出して飲み込んだん、苦しくなければその舌を使って舐めるんだ」

私に言われた通り、懸命にやっているように見えるが、気持ちよさの向上にはつながらない、今後の成長を期待するところだ。
その中で、またみなぎの頭を抑えてやる今度は責めだ。

「ゲロっても構わないから、のど奥まで呑み込め」
返事はしないが、抵抗はしない。
頭を動かすタイミングを見て、抑えてやる。

「うぐぅごえっ」

苦しそうな限界を見て抑える手を緩めてやる

「はぁーはぁー」と苦しそうな息遣いを確認して、また口に入れるよう頭を抑える
5回目だったか変化が起きた。

「うぐぅごえっ」と苦しいうなり声をあげた瞬間に「げぼっげほっ」とうなったと思ったら、私の股間に生暖かい液体が流れるのを感じた。
ゲロッたな。気管に入ると不味いので、頭を抑える手を緩め、顔を上げさせる。

みなぎはすぐに口を押えた、私は枕元のテッシュを取ってやった。
テッシュで口を拭いたが、私の股間は口から流れ出た吐瀉物が付いたままである。
涙目になって鼻水も出たようだが、私はそんなことは気にしない。

「少し落ち着いたか?」

声は出さないが、頭を縦に振った。

「タオルを持ってきなさい」

「いえ、私が綺麗にします」

「おーーそれが出来るか?、それでは綺麗になるまで舐めなさい」

更にティッシュを取ってやり、みなぎの右手に渡してやる。

「ジュルジュル」と音を立てながら、自分の吐出した吐瀉物を吸い、舐めふき取る。
時々、テッシュで口周りを拭きながら、綺麗になるまでふき取った。

「タオルを取ってきていいですか?ふき取れないところがあります」

「構わないけど、それより、シャワーを浴びよう」

「はい」

シャワーで流した。

「よく頑張ったな」

「いえ、私こそTotoさんを汚してしまいすみませんでした」

「私が望んでさせたのだから、吐くまで出来るのは見上げた根性だ、素晴らしいと思うよ」

「ありがとうございます、でも吐かずにもっとできるようになりたいです」

「そうだな、勉強しよう」

そんな話をしながら風呂をでた。
腰にバスタオルを巻いた私はそのままソファーに座り、みなぎはバスローブを着て私の目の前に正座した。

「いいよ、少しの間休憩しよう、横に座りなさい」

たわいのない話をした、もちろん彼氏の事も話してくれた、そして今日のプレイの事、今後の事の話をした。

苦痛を受け、ボロボロになる事を、望んでいたみなぎは、私に受けたプレイで少し満足したようだ。

「一度もプレイをしたことが無いのに、よくここまで出来たな、本物のM女だと思いよ」

「ありがとうございます。お仕えして、好きなように使われるのが夢でした、今その夢がかなったと言うか、これからももっと叶えて欲しいと思っています」

「もう一度確認するけど、私でいいのか」

「お願いしたいです。どこまでついていけるか判りませんが、今私のされたい事を叶えて頂けるのはTotoさんしかいないのです。エッチだけを求めるような人とは金輪際会いたくありませんので。。。。」

「そっか、わかった、これからもよろしくな」

「あのー、今日は終わりになりますか?」

「???、終わりたい? 終わってもいいよ、いきなりだったから、疲れただろ」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する